沖縄県立名護特別支援学校

交通安全指導教室を実施しました。

新型コロナ感染予防に努めながら日時を分け、各学部で交通安全指導教室を実施しました。

幼少中学部では、道路の歩き方や信号機の見方、横断歩道の渡り方など、

高等部では、交通マナーや交通事故事例などの内容で行われました。

これからの時期、観光客も増え沖縄県の交通量も多くなってくると思われます。

夏休みを安全に過ごすためにも児童生徒のみなさん暑い中でも、集中して警察の方の講話を聴いていました。